[python] Requestsモジュール使用時に”urlopen error [SSL: CERTIFICATE_VERIFY_FAILED]”となるエラーの解決法 | じょるブログ

じょるブログ

現役理系大学生による大学生に向けた情報サイト

[python] Requestsモジュール使用時に”urlopen error [SSL: CERTIFICATE_VERIFY_FAILED]”となるエラーの解決法

投稿日:

  

実行環境

python3(jupyter notebook)

 

症状

Requestsライブラリーを使用してGETリクエストやPOSTリクエストを行おうとする際や、pipでモジュールをインストールしようとした際に

<urlopen error [SSL: CERTIFICATE_VERIFY_FAILED] certificate verify failed: unable to get local issuer certificate (_ssl.c:1056)>

というエラーが表示される。

  

原因

https通信はSSL/TLSを利用することで通信を暗号化してセキュアな通信を行う通信方法であり、このhttps通信を行う際にはサーバーの証明書のチェックが行われる。Requestsモジュールを使用して通信する際、certifiモジュールに記載されている証明書リストをもとにチェックが行われる。Requestsモジュールの古いバージョンでは、certifiモジュールではなく、Requestsモジュール自体に記載されている証明書リストを使用してチェックが行われる。

よって、Requestsモジュールが古いか、certifiモジュールが古いと証明書の認証に失敗し、上記のようなエラーが発生してしまう。

  

対処法

以下のコマンドでcertifiモジュールをアップデートする。

pip install --upgrade pip
pip install --upgrade certifi

上記のコマンドを実行してもエラーが解決しない場合は、以下のコマンドでRequestsモジュールをアップデートする。

pip install --upgrade requests

※python3 の場合はpipではなくpip3コマンドを使用する

※jupyter notebook使用時は、上記のコマンドを実行したらjupyter notebookを再起動する。

   

参考

https://dev.classmethod.jp/articles/how-to-manage-ca-root-certs-for-requets-library/

google ads




Twitter

google ads




Twitter

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ラズパイで取得したIoTデータをグーグルスプレッドシートに自動記録

今回はPythonを使って、ラズパイに接続してあるセンサーから取得したデータなどをグーグルスプレッドシートに自動で記載する方法について記載します。グーグルスプレッドシートに記載することで、スマホなどか …

ラズパイでスマートロック作ってみた② - 扉の開閉状況をGoogleスプレッドシートに記録

以前作成したスマートロックに、扉の開閉状況をGoogleスプレッドシートに記録する、という機能をつけたので、そのやり方について紹介します。   搭載した機能 スイッチで鍵の開閉外部サービス(Googl …

大学生の電子工作 スマートリモコン(プログラム)

この記事ではスマートリモコンを作ってみたで紹介したスマートリモコンのプログラムを記載していきます。回路はスマートリモコン(回路)に記載してあります。今回作成するプログラムは以下の4つです。 (LED点 …

Alexa,GoogleHomeでPS4を操作する

         前の記事で人生初の電子工作をしてスマートリモコンを作成し、AlexaやGoogle Assistantでテレビやエアコンなどを操作できるようになったのですが、スマートリモコンを利用し …

Google Apps Scriptを使用してスプレッドシート上の図形を押した際に、プログラムを実行させる

    大学生の電子工作 ラズパイでスマートロック作ってみた⑤の記事に関連して、スプレッドシート上に設置したボタンを押した際に Google Apps Scriptを用いたプログラムを実行することで、 …




関連記事

Amazonプライムデー開催中!
(6/21・6/22の2日間!)