Raspberry Pi のSDカードが壊れ、起動しなくなってしまった場合の修復方法

じょるブログ

現役理系大学生による大学生に向けた情報サイト

電子工作

Raspberry Pi のSDカードが壊れ、起動しなくなってしまった場合の修復方法

投稿日:2019年3月17日 更新日:

スマートリモコンとして使用していたラズベリーパイ(zero WH)の調子が最近悪く、ちょっと動作が遅くなってきたなと思っていたら突然反応しなくなってしまいました。半年以上問題なく稼働していましたが、起動すらしなくなり、boot画面で止まってしまいます。

そのラズベリーパイで使用していたSDカードを修復するために、WindowsパソコンにVMwareという仮想マシンをインストールしLinuxを入れ、Linuxのfsckコマンドを使用することで、見事SDカードを復活させることができましたので、備忘録として記載しておきます。

    

仮想マシンの作成

まず、WindowsパソコンでLinux(ubuntu)を動かすためにVMwareを用いて仮想マシンを作成します。こちらの方法ですと所要時間20分ほどでUSB、DVDにOSイメージを焼くことなく簡単に仮想マシンを作成できます。

    

SDカードを仮想マシンに認識させる

まず、何もマウントされていないかを以下のコマンドを仮想マシン上で実行し、確認します。

$ ls -l /dev/sd*
user@ubuntu:~$ ls -l /dev/sd*
brw-rw---- 1 root disk 8,  0 Mar 17 10:01 /dev/sda
brw-rw---- 1 root disk 8,  1 Mar 17 10:01 /dev/sda1

次に、SDカードを挿入します。

以下のようなポップアップ画面が表示されたら、”仮想マシンに接続”を選択し、”OK”をクリックすると、仮想マシン上でSDカードを認識してくれます。

もう一度先ほどのコマンドを実行し、正しくSDカードを認識しているか確認します。

user@ubuntu:~$ ls -l /dev/sd*
 brw-rw---- 1 root disk 8,  0 Mar 17 10:01 /dev/sda
 brw-rw---- 1 root disk 8,  1 Mar 17 10:01 /dev/sda1
 brw-rw---- 1 root disk 8, 16 Mar 17 12:02 /dev/sdb
 brw-rw---- 1 root disk 8, 17 Mar 17 12:02 /dev/sdb1
 brw-rw---- 1 root disk 8, 18 Mar 17 12:02 /dev/sdb2
 brw-rw---- 1 root disk 8, 21 Mar 17 12:02 /dev/sdb5
 brw-rw---- 1 root disk 8, 22 Mar 17 12:02 /dev/sdb6
 brw-rw---- 1 root disk 8, 23 Mar 17 12:02 /dev/sdb7

新しく/dev/sdb 以降が追加されているので、これがSDカードであることがわかります。

   

SDカードの修復

SDカードの修復には、fsckコマンドを使用します。

このコマンドを使用するにはアンマウントする必要があるので、事前にアンマウントしておきます。

$ sudo umount /dev/sdb*

次に、/dev/sdb1 ~ /dev/sdb7に対して、fsckコマンドを使用して修復していきます。

user@ubuntu:~$ sudo fsck /dev/sdb1
fsck from util-linux 2.31.1
fsck.fat 4.1 (2017-01-24)
Free cluster summary wrong (5919 vs. really 5918)
1) Correct
2) Don't correct
? 

どこかに間違いが見つかったようなので”1”と入力してみます。

user@ubuntu:~$ sudo fsck /dev/sdb1
fsck from util-linux 2.31.1
fsck.fat 4.1 (2017-01-24)
Free cluster summary wrong (5919 vs. really 5918)
1) Correct
2) Don't correct
? 1
Perform changes ? (y/n) 

変更するかと聞かれたのでYesと答えます。

user@ubuntu:~$ sudo fsck /dev/sdb1
fsck from util-linux 2.31.1
fsck.fat 4.1 (2017-01-24)
Free cluster summary wrong (5919 vs. really 5918)
1) Correct
2) Don't correct
? 1
Perform changes ? (y/n) y
/dev/sdb1: 223 files, 96678/102596 clusters

無事修正できました。

同様に/dev/sdb2以降のパーティションにもfsckコマンドを実行しましたが問題ありませんでした。

  

修復できたか確認

SDカードを取り外し、ラズベリーパイに挿入して起動してみると・・・

無事復活しました!

これでも直らない場合はfsckコマンドの代わりにfsck.fatコマンドを使用することで直ることもあるようです。(参考サイト

   

後日談・・・

修復して1週間ほどで、また起動しなくなってしまいました。そして、もう一度修復しましたが、今度はさらに短い5日ほどでまたまた起動しなくなってしまいました。

幸運にもイメージのバックアップはとっていたので、SDカードを新たに購入し、そのバックアップを新しく購入したSDカードに焼き付けました。以後1か月ほど経ちましたが特に問題はないので、SDカードの寿命だったのでしょう…

ラズベリーパイでSDカードを使用した場合、頻繁に読み書きを行うため、SDカードの寿命が極端に短くなってしまうようです。

ということなので、 もしイメージのバックアップをとっている方は新しくSDカードを買い替えたほうがよさそうです。


16GB SanDisk サンディスク Ultra SDHCカード UHS-I対応 R:48MB/s 海外リテール SDSDUNB-016G-GN3IN [並行輸入品]

値段も安くなってきており、500円ほどで16GB Class10のSDカードが買えます!

バックアップを取っていない方は修復に成功しても安心せず、修復後にバックアップをしっかりとりましょう!

google ads




google ads




-電子工作

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ラズベリーパイでICカードのデータを読み取る

今回はSONYのICカードリーダー( RC-S320 )を使用して、suicaなどのICカードを読み取り、 idm(ICカードの固有番号、ICタグ)や残高、交通履歴などを取得する方法についてご紹介しま …

AmazonDushボタンを改造してできること- ラズパイやIoT製品との連携方法

AmazonDushボタンはひと手間加えるだけで、IoT製品等の遠隔ボタンとして使用することができます。これにより、スマートロックと連携させダッシュボタンで鍵を開閉したり、スマートリモコンのボタンとし …

RaspberryPiのセットアップ ① – 2種類のOSインストール方法と基本設定

 この記事では、私がラズパイにOSをインストールするたびに行っているRaspberryPiのセットアップについて記載します。ここでは、NOOBSとイメージファイルによる2種類のOSのインストール方法と …

Alexa,GoogleHomeでPS4を操作する

         前の記事で人生初の電子工作をしてスマートリモコンを作成し、AlexaやGoogle Assistantでテレビやエアコンなどを操作できるようになったのですが、スマートリモコンを利用し …

ラズベリーパイをディスプレイに接続せずSSH設定する方法

    一般的にラズベリーパイをパソコンからSSHで操作しようとした場合は、ラズパイにマウス、キーボード、ディスプレイを接続して、一度ラズパイ上でwi-fiの設定を行う必要があります。 しかし、実家に …