じょるブログ

現役理系大学生による大学生に向けた情報サイト

電子工作

Raspberry Pi のSDカードが壊れ、起動しなくなってしまった場合の修復方法

投稿日:2019年3月17日 更新日:

スマートリモコンとして使用していたラズベリーパイ(zero WH)の調子が最近悪く、ちょっと動作が遅くなってきたなと思っていたら突然反応しなくなってしまいました。半年以上問題なく稼働していましたが、起動すらしなくなり、boot画面で止まってしまいます。

そのラズベリーパイで使用していたSDカードを修復するために、WindowsパソコンにVMwareという仮想マシンをインストールしLinuxを入れ、Linuxのfsckコマンドを使用することで、見事SDカードを復活させることができましたので、備忘録として記載しておきます。

    

仮想マシンの作成

まず、WindowsパソコンでLinux(ubuntu)を動かすためにVMwareを用いて仮想マシンを作成します。こちらの方法ですと所要時間20分ほどでUSB、DVDにOSイメージを焼くことなく簡単に仮想マシンを作成できます。

    

SDカードを仮想マシンに認識させる

まず、何もマウントされていないかを以下のコマンドを仮想マシン上で実行し、確認します。

$ ls -l /dev/sd*
user@ubuntu:~$ ls -l /dev/sd*
brw-rw---- 1 root disk 8,  0 Mar 17 10:01 /dev/sda
brw-rw---- 1 root disk 8,  1 Mar 17 10:01 /dev/sda1

次に、SDカードを挿入します。

以下のようなポップアップ画面が表示されたら、”仮想マシンに接続”を選択し、”OK”をクリックすると、仮想マシン上でSDカードを認識してくれます。

もう一度先ほどのコマンドを実行し、正しくSDカードを認識しているか確認します。

user@ubuntu:~$ ls -l /dev/sd*
 brw-rw---- 1 root disk 8,  0 Mar 17 10:01 /dev/sda
 brw-rw---- 1 root disk 8,  1 Mar 17 10:01 /dev/sda1
 brw-rw---- 1 root disk 8, 16 Mar 17 12:02 /dev/sdb
 brw-rw---- 1 root disk 8, 17 Mar 17 12:02 /dev/sdb1
 brw-rw---- 1 root disk 8, 18 Mar 17 12:02 /dev/sdb2
 brw-rw---- 1 root disk 8, 21 Mar 17 12:02 /dev/sdb5
 brw-rw---- 1 root disk 8, 22 Mar 17 12:02 /dev/sdb6
 brw-rw---- 1 root disk 8, 23 Mar 17 12:02 /dev/sdb7

新しく/dev/sdb 以降が追加されているので、これがSDカードであることがわかります。

   

SDカードの修復

SDカードの修復には、fsckコマンドを使用します。

このコマンドを使用するにはアンマウントする必要があるので、事前にアンマウントしておきます。

$ sudo umount /dev/sdb*

次に、/dev/sdb1 ~ /dev/sdb7に対して、fsckコマンドを使用して修復していきます。

user@ubuntu:~$ sudo fsck /dev/sdb1
fsck from util-linux 2.31.1
fsck.fat 4.1 (2017-01-24)
Free cluster summary wrong (5919 vs. really 5918)
1) Correct
2) Don't correct
? 

どこかに間違いが見つかったようなので”1”と入力してみます。

user@ubuntu:~$ sudo fsck /dev/sdb1
fsck from util-linux 2.31.1
fsck.fat 4.1 (2017-01-24)
Free cluster summary wrong (5919 vs. really 5918)
1) Correct
2) Don't correct
? 1
Perform changes ? (y/n) 

変更するかと聞かれたのでYesと答えます。

user@ubuntu:~$ sudo fsck /dev/sdb1
fsck from util-linux 2.31.1
fsck.fat 4.1 (2017-01-24)
Free cluster summary wrong (5919 vs. really 5918)
1) Correct
2) Don't correct
? 1
Perform changes ? (y/n) y
/dev/sdb1: 223 files, 96678/102596 clusters

無事修正できました。

同様に/dev/sdb2以降のパーティションにもfsckコマンドを実行しましたが問題ありませんでした。

  

修復できたか確認

SDカードを取り外し、ラズベリーパイに挿入して起動してみると・・・

無事復活しました!

これでも直らない場合はfsckコマンドの代わりにfsck.fatコマンドを使用することで直ることもあるようです。(参考サイト

-電子工作

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

初めての大学生の電子工作 スマートリモコンを作ってみた

 タイトル通り、初めて電子工作をやってみました。電子工作をやったことがないという方にもこの記事を読めば作れるように、つまづいたとこなども丁寧に説明していきます。もしわからないことなどがございましたら気 …

大学生の電子工作 ラズパイでスマートロックを自作してみた

前回、前々回に続き、3回目の電子工作です。玄関の鍵が面倒だと感じたことは誰しも一度はありますよね。鍵をかばんやポケットから取り出すのが地味にめんどくさかったり、鍵をなくしてしまって困ってしまったという …

AmazonDushボタンを改造してできること- ラズパイやIoT製品との連携方法

AmazonDushボタンはひと手間加えるだけで、IoT製品等の遠隔ボタンとして使用することができます。これにより、スマートロックと連携させダッシュボタンで鍵を開閉したり、スマートリモコンのボタンとし …

ラズパイで取得したIoTデータをグーグルスプレッドシートに自動記録

今回はPythonを使って、ラズパイに接続してあるセンサーから取得したデータなどをグーグルスプレッドシートに自動で記載する方法について記載します。グーグルスプレッドシートに記載することで、スマホなどか …

ラズパイでスマートロック作ってみた③ – AmazonDushボタンでラズパイのスマートロックを操作する

大学生の電子工作 ラズパイでスマートロック作ってみたの記事でスマートロックを作成し、現在も使用しているのですが、一つだけ問題点があります。 それは… スマホの充電が切れたら鍵が開けられなくなってしまう …