ESP-WROOM-32の基本的な使い方 初期設定や書込み方法、Lチカについて画像付きで徹底解説

じょるブログ

現役理系大学生による大学生に向けた情報サイト

電子工作 esp32-wifi-module

ESP-WROOM-32の基本的な使い方 初期設定や書込み方法、Lチカについて画像付きで徹底解説

投稿日:

 

この記事ではESP-WROOM-32の基本的な使い方について解説します。

ESP-WROOM-32は低価格(1000円以下)で買うことができるWiFi/Bluetoothモジュールです。

上の画像は今回使用したESP-WROOM-32の開発ボードで、銀色の四角いものがESP-WROOM-32本体です。開発ボードとはこのESP-WROOM-32を扱いやすいようにDIP化したものです。販売しているメーカーによって端子数が違ったり、リセットボタンがついていたりして、形は違いますが、仕様や使い方は基本的にはどれも同じです。

ちなみに、以前記事を書きましたが、このESP32にカメラが付いたESP32-camというモデルもあります。

   

必要なもの・実行環境

  • LED
  • 抵抗(基本的には何Ωでも大丈夫です。)
  • パソコン(Windows 10, 64bit)

   

手順

  1. USBシリアルコンバータのセットアップ
  2. Arduino IDE のインストール
  3. Arduino IDE の設定
  4. パソコンと ESP32の接続
  5. コードの書き込みと動作確認(Lチカ)

   

※①のUSBシリアルコンバータのセットアップ、及び、②のArduino IDE のインストールについては以下の記事を参照してください。

   

Arduino IDE の設定

まず、ボードの追加を行います。
「ファイル」 > 「環境設定」 へと進み、 「追加のボードマネージャのURL」の欄に https://dl.espressif.com/dl/package_esp32_index.json と入力し、OKをクリックします。

    

次に、 「ツール」 >「ボード」 > 「ボードマネージャ」 へと進み、検索欄に”ESP32”と入力し、出てきた項目のインストールボタンをクリックします。

最後に↓の図のようにボードの設定を行ってください。

  

パソコンと ESP32の接続

USBリアルコンバータとESP32を以下のように接続して、パソコンに接続してください。

ESP32USBリアルコンバータ側
3V33V3
GNDGND
RXRXD
TXTXD

ここで一つ注意点ですが、esp32に書き込みを行う際は
IO0 を GND に落とし( IO0 と GND を接続)、書き込みモードにする必要があります。
逆に、書き込みモードの状態ではプログラムを実行させることはできないため、コードを書き込んだ後は、 IO0 と GND との接続を解除してあげる必要があります。

  

続いて、パソコンと ESP32の接続を行います。

まず、接続する前に Arduino IDE を開き 「ツール」>「シリアルポート」を確認し、何も選択されていないことを確認します。

    

次に、 esp32と結線したUSBシリアルコンバータをパソコンに差し込んだら、以下の手順で一度ESP32をリセット(再起動)します。

  1. ESP32のENピンを一度GNDに接続して、ESP32の電源を落とす。
  2. ESP32のENピンを3V3ピンに接続し、ESP32を再起動する。(再起動後もENピンと3V3ピンは接続したままにする。)

※このリセット操作を行わないと書き込みモードにならず、書き込みができません。

  

上記のリセット操作を行ったら、もう一度 「ツール」>「シリアルポート」 を開きます。

すると今度は↓の画像のように何かしらのポートが選択されているはずです。

    

コードの書き込みと動作確認(Lチカ)

コードの書き込み

基本的な動作の確認を行うためLチカ(LEDをチカチカ点滅させること)を行います。

Arduino IDE のスケッチに以下のコードを書き込み、左上の「➡」ボタンを押して、コンパイル及びESP32への書き込みを行ってください。

const int LED_BUILTIN = 12;

// the setup function runs once when you press reset or power the board
void setup() {
  // initialize digital pin LED_BUILTIN as an output.
  pinMode(LED_BUILTIN, OUTPUT);
}

// the loop function runs over and over again forever
void loop() {
  digitalWrite(LED_BUILTIN, HIGH);   // turn the LED on (HIGH is the voltage level)
  delay(1000);                       // wait for a second
  digitalWrite(LED_BUILTIN, LOW);    // turn the LED off by making the voltage LOW
  delay(1000);                       // wait for a second
}

書き込みが正常に終了すると、「画面下にボードへの書き込みが完了しました。」と表示されます。

もし、

esptool.py v2.6
Serial port COM3
Connecting........_____....._____....._____....._____....._____....._____....._____

A fatal error occurred: Failed to connect to ESP32: Invalid head of packet (0x00)
A fatal error occurred: Failed to connect to ESP32: Invalid head of packet (0x00)

というようなエラーが出る場合は↓こちらの記事を参考にしてください。

   

プログラム実行

まず、USBをパソコンに接続したままにして、IO0 と GND との接続を解除します。そして先ほどと同様の手順でesp32のリセット操作を行います。これでESP32はプログラム実行モードになります。

後は以下の画像のように

IO12 – 抵抗 – LED – GND

と配線するとLEDが1秒おきに点滅します。

※LEDには向きがあります。長い足の方が+側、短いほうが‐側となるように接続してください。

※また、抵抗を接続せずにLEDを接続するとLEDが破裂したりする危険性があるので必ず抵抗を接続してください。(抵抗が内蔵されているタイプのLEDはそのまま接続できます。)

google ads




Twitter

google ads




Twitter

-電子工作, esp32-wifi-module

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

beebotteでSSL Errorが発生する原因と解決方法

   家で稼働させていた自作のスマートロックとスマートリモコンが昨日から突然動作しなくなってしまいました。 その原因が判明しましたのでここに記載しておきます。     症状 発生した症状としては、be …

壊れたイヤホンを半田ごてを使って直してみた – 修理方法解説

   長年使用していたイヤホンが壊れてしまったので、半田ごてを使用して直してみました。この記事ではイヤホンの直し方について解説します。 (イヤホンの構造によって多少直し方は異なる場合があります。) 今 …

LINEで自作IoTデバイス[スマートロック・リモコン]を操作する(市販品も可)

    ラインから手軽にスマートデバイスを操作する方法について解説します。 この記事ではラズパイで自作したスマートデバイスをラインで操作する方法について解説しますが、IFTTT経由で操作できるものであ …

RaspberryPiのセットアップ ① – 2種類のOSインストール方法と基本設定

 この記事では、私がラズパイにOSをインストールするたびに行っているRaspberryPiのセットアップについて記載します。ここでは、NOOBSとイメージファイルによる2種類のOSのインストール方法と …

ラズパイでスマートロック作ってみた② - 扉の開閉状況をGoogleスプレッドシートに記録

以前作成したスマートロックに、扉の開閉状況をGoogleスプレッドシートに記録する、という機能をつけたので、そのやり方について紹介します。   搭載した機能 スイッチで鍵の開閉外部サービス(Googl …




関連記事