RaspberryPiのセットアップ ①- 2種類のOSインストール方法と基本設定

じょるブログ

現役理系大学生による大学生に向けた情報サイト

インストール ラズベリーパイ 設定 電子工作

RaspberryPiのセットアップ ① – 2種類のOSインストール方法と基本設定

投稿日:2018年11月17日 更新日:

 この記事では、私がラズパイにOSをインストールするたびに行っているRaspberryPiのセットアップについて記載します。ここでは、NOOBSとイメージファイルによる2種類のOSのインストール方法と、初期設定について記載していきます。

 そして、次の記事でラズパイを遠隔操作するSSH、VNCの設定、プログラムコードの受け渡しをしたりする際に便利なファイルサーバの設定方法を紹介します。


Raspberry Pi4 ModelB 4GB ラズベリーパイ4 技適対応品

  

   

OSインストール

 OSインストールでは、OSはRasbianをいれていきます。OSのインストールには、NOOBSというものをRaspberryPiに入れて、RaspberryPiを起動してRaspberryPi上でインストールする方法と、イメージファイルをダウンロードしそれを直接RaspberryPiに入れる方法の2種類あります。(2つの方法を実際に試しましたが、イメージファイルがあるサイトのサーバがヨーロッパにあるらしく、イメージファイルのダウンロードだけで2時間30分程かかってしまったため、NOOBSによるインストールのほうが速いと思います。)

SDカードのフォーマット

 まず、RaspberryPiで使用するSDカードをフォーマットします。Rasbianを入れる際のフォーマットにはSDメモリカードフォーマッターというものが推奨されているので、こちらを使用してフォーマットしていきます。 このサイトからダウンロードできます。 パソコンにもともと内蔵されているフォーマットでフォーマットすると不具合が生じる可能性があります。
 (※ここではwindows用のソフトを使用しています。MacやLinuxには対応していない可能性があります。)

SDメモリカードフォーマッター をインストールしたら実行します。

 SDカードを選択してフォーマットをクリックします。フォーマットオプションはクイックフォーマットで大丈夫です。

 

NOOBSまたはイメージファイルによるOSインストール

 OSのインストールにはNOOBSというRasbianを簡単にインストールするためのインストーラーを使ってインストールする方法と、Rasbianのイメージファイルを直接ダウンロードしてSDカードに書き込んでインストールする方法の2種類あります。

  イメージファイルによるインストール方法だと時間がかかる上、Wi-Fiの設定やディスク領域の拡大などの追加作業が必要になるので、初めての方はNOOBSによるインストール方法をおすすめします。

NOOBSによるOSインストール

こちらのサイトからNOOBSをダウンロードします。

 ここで、NOOBSによるインストールの場合は左を、イメージファイルによるインストールの場合は右をクリックします。今回はNOOBSによってインストールするので左をクリックします。

 クリックするとこのような画面になります。NOOBS と NOOBS Lite の2つありますが、NOOBS LiteはCUI(コマンドのみ)で操作するOSなので、今回はNOOBSのZipファイルをダウンロードします。このサイトのサーバはヨーロッパにあるらしく、ダウンロードに30分ほどかかります。
 ダウンロードが完了したら展開し、中に入っているファイルを全て、フォーマットしたSDカードにコピーします。

 ここからはRaspberryPiでの操作になります。RaspberryPiに先ほどNOOBSを入れたSDカードを挿入し、モニターに接続してから電源を入れます。

※つまづきやすいポイント! モニターにHDMIを接続してから電源を入れないと画面が表示されないことがあるので注意!

 電源を入れ10秒ほどすると、OSのインストール画面が表示されるので、Rasbianのマークの横のチェックボックスにチェックを入れ、左上のインストールをクリックします。するとインストールが始まります。(1時間ほどかかります。)

Rasbianのマーク


 インストールが完了するとデスクトップ画面が表示され、appdateするかどうか聞かれるポップアップが表示されるので、その画面に従いWi-Fiやパスワードなどの設定をすると、appdateが始まります。(これも1,2時間かかります。)
 以上でOSのインストールと簡単な初期設定は終了です。

 

イメージファイルによるOSインストール

 まず、イメージファイル読み込み・書き込み用のソフトウェア (Win32DiskImager)をこちらのサイトからダウンロードし、実行してインストールします。(クリックするとダウンロードが開始されます。)
(※ここではwindows用のソフトを使用しています。MacやLinuxには対応していない可能性があります。)

 次に、RasberryPiの公式サイトからRasbianのイメージファイルをダウンロードします。

※ダウンロードに2時間30分ほどかかります。

ダウンロードが完了したら解凍し、先ほどインストールしたWin32DiskImagerを起動します。

 画像の1でOSをインストールするSDカードを選択し、2でダウンロードしたイメージファイルを選択して、3で書き込みを実行します。

 書き込みが完了したら RaspberryPiにSDカードを挿入し、モニターに接続してから電源を入れます。

※つまずきやすいポイント! モニターにHDMIを接続してから電源を入れないと画面が表示されないことがあるので注意!

 次にWi-Fiの設定を行います。

 ラズパイを起動したら画像の赤丸のところをクリックし、Wi-Fiの設定を行ってください。

 Wi-Fiの設定が終わったらディスク領域の拡大を行います。イメージファイルによってOSをインストールした場合は使えるディスク領域が制限されているので、ディスク領域の拡大をする必要があります。

 左上の赤丸で囲ったところをクリックしてターミナルを起動し、以下のコマンドを実行します。

sudo raspi-config

 コマンドを実行するとターミナル画面が下のように切り替わります。

”7 Advanced Options” を選び、「Enter」キーを押します。

”A1 Expand Filesystem” を選び、「Enter」キーを押します。


以上でディスク領域の拡大は完了です。

 

初期セットアップ

日本語入力・日本語フォントのインストール

 初期セットアップではファームウェアのアップデートや日本語入力するためのパッケージをインストールしていきます。

まず、左上の赤丸で囲ったところをクリックしてターミナルを起動します。

 最初に、もともとRaspberryPiに入っているソフトウェアのアップデートとファームウェアのアップデートを行います。以下のコマンドをターミナルに入力して実行(Enter)してください。

sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade
sudo apt update
sudo apt upgrade
sudo rpi-update

  次に、デフォルトでは日本語が使えないので日本語フォントのインストールと、日本語入力用のソフトウェアをインストールし、日本語を使えるようにします。

sudo apt-get install fonts-vlgothic
sudo apt-get install fcitx-mozc -y
im-config -n fcitx

 設定を有効化するために再起動します  

sudo reboot

 以上でセットアップは完了です。必要な方は以下のコマンドも実行してください。

  

エディタのインストール

 プログラムを書くためのエディタをインストールします。
(次の記事で説明するファイルサーバーを使ってプログラムをRaspberryPiに転送するなど、RaspberryPi上でプログラムを書かない場合は必要ありません)

sudo apt-get install gedit
sudo apt-get install gedit-plugins

 2番目のコマンドでgeditのプラグインをインストールしていますが、これを有効化するには、Geditのメニューから「編集」→「設定」→「Plugins」と進んでいき、有効化する有効化したいプラグインにチェックを入れてgeditを再起動する必要があります。

 

  

RaspberryPiのセットアップ ②(SSH、VNC、ファイルサーバーの設定)へ進む

-インストール, ラズベリーパイ, 設定, 電子工作

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

beebotteでSSL Errorが発生する原因と解決方法

   家で稼働させていた自作のスマートロックとスマートリモコンが昨日から突然動作しなくなってしまいました。 その原因が判明しましたのでここに記載しておきます。     症状 発生した症状としては、be …

ラズパイでスマートロック作ってみた④ – ICカードでドアを開閉する

大学生の電子工作 ラズパイでスマートロック作ってみたの記事の④つ目の記事です。今回はSuicaや学生証、電子マネー(nanacoとか)等のICカードで鍵を開けられるようにしました。 近くのコンビニに買 …

ラズベリーパイをディスプレイに接続せずSSH設定する方法

    一般的にラズベリーパイをパソコンからSSHで操作しようとした場合は、ラズパイにマウス、キーボード、ディスプレイを接続して、一度ラズパイ上でwi-fiの設定を行う必要があります。 しかし、実家に …

RaspberryPiのセットアップ ② – SSH,VNC(遠隔操作)の設定とファイルサーバーの設定

 この記事では、前回の記事(RaspberryPiのセットアップ ① – 2種類のOSインストール方法と基本設定)に引き続き、ラズパイを遠隔操作するためのSSH・VNCの設定方法と、パソコ …

ラズパイで取得したIoTデータをグーグルスプレッドシートに自動記録

今回はPythonを使って、ラズパイに接続してあるセンサーから取得したデータなどをグーグルスプレッドシートに自動で記載する方法について記載します。グーグルスプレッドシートに記載することで、スマホなどか …