電子工作 ラズパイで玄関モニター(兼防犯カメラ)作ってみた

じょるブログ

現役理系大学生による大学生に向けた情報サイト

電子工作

電子工作 ラズパイで玄関モニター(兼防犯カメラ)作ってみた

投稿日:2018年12月6日 更新日:

今回は前回のスマートリモコンに続き、2回目の電子工作です。玄関モニター兼防犯カメラを作ってみました。作成難易度はスマートリモコンよりも簡単ですので皆さんも是非作ってみてください!

玄関モニター兼防犯カメラを作ろうと思ったきっかけはRaspberryPiにカメラを接続してなんかやりたい(漠然)と思ったからで、色々調べていたらUSBカメラを使えばRaspberryPiに安くかつ簡単に接続できるとのこと。

ということで、さっそくUSBカメラを即買いし、あったらいいなと思っていた玄関モニター兼防犯カメラを作ってみました!

ラズパイのカメラモジュールは高いイメージがあったので、今回は1300円ほどのLogicoolのUSBカメラを購入しました。
(調べてみたところラズパイのカメラモジュールも980円で買えるようです。また、ラズパイにはもともと静止画をや動画を撮るコマンドがインストールされているらしいのでカメラモジュールの方がいいかも)


ラズパイ用 高画質 カメラモジュール – Camera Module for Raspberry Pi

 

搭載した機能

  • スマホやタブレットでいつでも外の様子が見れる
  • 外出先からもカメラの映像がリアルタイムで見れる
  • 動きを検知したら写真または動画を撮影
  • 動きを検知したらLINEで自分に写真を送信

  

概要

ウェブカメラの映像をストリーミングするソフトウェアは調べてみたところいくつかありましたが、今回はその中でもインストールが簡単で動作が軽く、ストリーミングや動体検知の機能がデフォルトで備わっているMotionというソフトウェアを使います。このソフトウェアをインストールするだけでLAN内からカメラの映像が見れるようになります。外出先からカメラの映像を見るにはポートを開放する必要があります。それから、LINEへの通知にはLINE NotifyというAPIを利用しました。

 

購入したもの

・ウェブカメラ


LOGICOOL HDウェブカム フルHD動画対応 C615

 

作成手順

  1.  基本設定およびソフトウェアのインストール
  2.  ポート開放とファイアーウォール等の設定
  3.  LINE Notify の設定

 

1.  基本設定およびソフトウェアのインストール

まず、ラズパイにUSBカメラを接続し、コマンドプロンプトでlsusbと入力して正しくカメラが接続できているか確認します。

正しく認識している場合、図のようにデバイス名が表示されます。

 

次に、必要なソフトウェアをインストールします。

コマンドプロンプトで以下のコマンドを入力し実行します。

sudo apt update
sudo apt upgrade
sudo apt install motion

正しくインストールできているかを以下のコマンドで確認します。

motion -h

motionが正しくインストールされていればmotionのバージョンが表示されます。

 

続いてインストールしたmotionの設定を変更します。

自分が使用している設定ファイルがあるのでそのファイルを以下のコマンドで、直接motionの設定ファイル上にダウンロードし、上書きします。

sudo sh -c "curl https://jorublog.site/sample_code/motion.conf > /etc/motion/motion.conf"

ちなみに設定内容は以下のようになっています。

motion.conf

デフォルト変更後
ストリーミング
無効
有効
バックグラウンド実行
無効
有効
動体検知時に
枠を表示
無効有効
frame rate210
画像保存動きのある全フレームを
保存※
動きのあった全フレームのうち、
中間の1フレームを保存※
動画保存動きがあった場合無効

※保存された画像・動画ファイルは /var/lib/motion に保存されます。保存先を変更したい場合は sudo nano /etc/motion/motion.conf と実行し、target_dirと書かれている部分に保存先のパスを入力します。

それから、バックグラウンドで自動起動する場合はもうひとつの設定ファイルを編集する必要があります。自動起動を有効にしたい場合は以下のコマンドを実行してください。

sudo nano /etc/default/motion
上記のコマンドを実行すると、ファイルの編集が始まるのでstart_motion_daemonと書かれているところをyesに変更します。
start_motion_daemon=no      ->      start_motion_daemon=yes

変更し保存したら、以下のコマンドで設定を有効化します。

sudo service motion start

以上で、motionの設定は終了です。

設定が完了したら、

http://{192.168.*.***}:8081

にアクセスするとストリーミングが見れるようになります。{}の中にはラズベリーパイのIPアドレスを入力してください。IPアドレスの確認方法はRaspberryPiのセットアップ ②に記載してあります。

ストリーミング画像

また、

http://{192.168.*.***}:8080

にアクセスすると、以下のような画面が表示され、web上で設定を変更できるようになります。

上の画像のAllと書かれたところをクリックすると、以下のような画面に切り替わります。

この画面で ‘config’ をクリックすると web上で設定を変更できます。設定を変更したらmotionを再起動する必要があり、’action’ をクリックし ‘restart’ をクリックするとmotionが再起動し、設定内容が反映されます。

  

ポート開放とファイアーウォール等の設定、LINE Notify の設定についての記事は現在作成中です。

google ads




google ads




-電子工作

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

1200円でカメラ、wi-fi、Bluetooth付きの激安マイコンで遊んでみた

    最近、研究室の3Dプリンターの稼働状況を監視するためにカメラを設置しようと思いたち、激安のカメラを探していました。 最初は以前こちらの記事で紹介したようにWebカメラとラズパイを用いてストリー …

ラズベリーパイをディスプレイに接続せずSSH設定する方法

    一般的にラズベリーパイをパソコンからSSHで操作しようとした場合は、ラズパイにマウス、キーボード、ディスプレイを接続して、一度ラズパイ上でwi-fiの設定を行う必要があります。 しかし、実家に …

壊れたイヤホンを半田ごてを使って直してみた – 修理方法解説

   長年使用していたイヤホンが壊れてしまったので、半田ごてを使用して直してみました。この記事ではイヤホンの直し方について解説します。 (イヤホンの構造によって多少直し方は異なる場合があります。) 今 …

ラズパイで取得したIoTデータをグーグルスプレッドシートに自動記録

今回はPythonを使って、ラズパイに接続してあるセンサーから取得したデータなどをグーグルスプレッドシートに自動で記載する方法について記載します。グーグルスプレッドシートに記載することで、スマホなどか …

Raspberry Pi のSDカードが壊れ、起動しなくなってしまった場合の修復方法

スマートリモコンとして使用していたラズベリーパイ(zero WH)の調子が最近悪く、ちょっと動作が遅くなってきたなと思っていたら突然反応しなくなってしまいました。半年以上問題なく稼働していましたが、起 …